02

LEPSIM 2019

シーズンビジュアルが店舗で表現されるまで

ブランドコンセプトやシーズンテーマをお客さまに感じていただくために、
ビジュアルの制作から店舗での接客まで、関わる全ての人が、
表現したい世界観を理解していることが必要不可欠です。
お客さまに本当に喜んでいただけるためには何が必要かを念頭に、
一丸となってブランドの魅力や想いを伝えていきます。

Rieko Honma

レプシィム営業部
ブランドプレス

お客さまの共感を促す
ビジュアルを制作する

2019年、レプシィムはコアターゲットを40代の女性としリブランディングする転機を迎えました。私はブランドプレスとして、「よく笑うひと」というブランドコンセプトをもとに、“女性たちの飾りすぎない笑顔が映えるレプシィム”というメッセージをより多くの方に定着させるための施策を考えました。また、制作チームと議論を重ねながら、シーズンビジュアルやムービー、キャンペーンサイト等の制作・進行を行いました。ビジュアルに起用したモデルさんは40代の働く女性・妻・母という側面を持つ方で、彼女の自然な笑顔が今回のターゲット層に届き、新たなレプシィムの「清潔感と品のあるシンプルさ」という魅力が伝わったのではないかと思っています。

Shoko Komatsu

レプシィム営業部
SV

ブランドが届けたい
想いを共有する

私はSV(スーパーバイザー)としてブランドと店舗の橋渡し役となる役割を担いました。ブランドの想いや方針を店舗に分かりやすく伝え、また「店舗の意見やお客さまの反応を」タイムリーに収集し、ブランド戦略や店舗運営に反映していきました。リブランディングをおこなったレプシィムにとって、2019年は新しいブランドイメージやコンセプトをお客さまにお伝えする大切な時期です。新たなコンセプトや伝えたいメッセージがお客さまにきちんと届くかどうかは、各店舗の運営に大きく左右されますので、店長の想いや意見を尊重しながら店舗を最適な状態へ導くことを心がけました。ブランドに関わる全スタッフで新しいレプシィムを育てていきたいと考えています。

Mamiko Kinoshita

レプシィム
店長

お客さまに
ブランドの魅力を伝える

新しいレプシィムのブランドコンセプトを売場と接客を通じてどうお客さまに伝えていくのか、これが店長としての私の仕事です。地域や商業施設によって、お客さまのファッションの好みや傾向は全く異なります。来店されるお客さまにとって最適な方法でブランドの世界観を伝えられるよう情報収集をしながら売場での表現を考えました。また、一緒に働くスタッフ自身が新しいレプシィムにワクワクし、ブランドの魅力に共感することが大切です。ブランドからの指示に従うだけではなく、自分たちが自信を持ってブランド価値を届けられるよう、どうおすすめしていくのか、スタッフと共に考えていきました。これは実際にお客さまと接する店舗だからこそできることだと思っています。

VIEW PROJECT STORY LIST

RIEKO HONMA

レプシィム営業部 ブランドプレス

CAREER

2011年
ブランドプレスとして入社
2012年
レプシィム営業部 ブランドプレス担当として活躍

MY JOB

ブランドを多くの人に知ってもらうために、コミュニケーションプランを策定して、実施・検証を行うのがブランドプレスの仕事です。実際の業務は、SNSの更新から、シーズンビジュアルやオウンドメディアの制作、タイアップの進行、スタイリストさんへのリース業務、展示会やイベントの企画・運営など多岐にわたります。時間をかけて準備したキャンペーンやビジュアルに対して、お客さまから好評の声をいただけたときに、この仕事のやりがいとワクワクを感じます。

SHOKO KOMASTU

レプシィム営業部 SV

CAREER

2007年
入社
レプシィムの関西の店舗に配属
2008年
同ブランドにて店長に昇進し、その後店長として赴任を経験
2012年
複数店舗をサポートするグループマネジャーにキャリアアップ
2017年
レプシィム営業部 SVとして活躍

MY JOB

SV(スーパーバイザー)とは店舗をサポートし、店舗の顧客満足度向上を通してブランドを育てていく仕事です。サポートといっても、ブランド戦略の落とし込みから在庫管理、店舗で起こっている問題解決や接客指導など、多岐にわたります。実際にお客さまと接する店舗のサポートを通じて、担当しているブランドや店舗が地域のお客さまにとってなくてはならない存在になることを目標に、日々店舗とブランドの橋渡し役を担っています。

MAMIKO KINOSHITA

レプシィム 店長

CAREER

2012年
入社
レプシィム東海店舗に配属になり、その後赴任を伴う異動を経験
2013年
同ブランド北陸店舗にて店長に昇進
2015年
店長として赴任を伴う異動を経験
2018年
店長として複数店舗での経験を活かし、関東店舗で活躍中

MY JOB

店長として大切なのは、商品をブランドの世界観・ストーリーに乗せてお客さまに直接お届けすること、そのための店舗環境を整えることです。店舗作りや陳列の方法だけでなく、働くスタッフがブランドの価値をお客さまに届けられているかも常に意識しています。自分はもちろんの事、スタッフ一人ひとりがお客さまに満足いただける接客をすることで店舗として顧客満足度が高まり、結果として売上目標を達成することができます。その時は、店長としての気配りや店舗作りがむくわれたと感じられ、私にとっての大きな喜びになります。